介護用品というのは色んな種類があります。祖母が足が悪く、こんなものがあれば良いなと思う物が、案外調べると存在したりもします。最近ではレンタルも充実していて、ベッドから杖まで色んなものが安くレンタル出来るようです。ベッドなどは今までずっと布団で寝ていた人はもしかして合わないかもしれません。そういった不安がある時は介護ベッドをレンタルしてみて使い心地を試すという方法もあります。他には手押し車もレンタルできるようで、使用する人の状態に合わせたものをレンタルできます。買うと数万円はするものでも、介護保険を使用して毎月安い費用でレンタル出来るというのはとてもありがたいです。もし、壊れたりしてしまっても交換してくれるようなので、とても良いサービスだなと思いました。民間企業でも介護用品のレンタルをしている所もあるので、必要な場合は市に相談したり民間企業を検索してみるのが良いかもしれません。

介護用品はレンタルで

週に一度病院へリハビリに行っていますが、そこの病院のリハビリテーションルームの一角に介護用品の見本が沢山置いてあります。購入は、病院内のまた別の部署でやるようですが、リハビリをしながら退院時などに何が必要かを職員、スタッフ、家族などと見て購入するものを決めていくようです。私は、介護用品を使いませんが、休憩時間にどのようなものがあるか見たら、色々なものがありました。体の不便な人しか分からないようなものもあります。色々なカタログも見せてもらいましたが、意外と値段が高くて驚きました。おむつなどは、ドラッグストアなどに行くと見る機会もあるし、それほど驚くような値段ではありませんでした。あのような値段を購入出来る人は、きっと多くないはずです。なので、介護に必要で、消耗品以外は、レンタルでもいいのではないかなと思いました。

世の中には様々な介護用品がある

今や全国各地に点在する老人福祉の様々な施設では、この介護用品がなくては介護が出来ない時代となっております。しかも、その介護用品も生活消耗品として、最も毎日使っているものが高齢者の排泄時にしようされるオムツの類です。当然、毎日、その都度、その都度交換するそのオムツの類は、おそらく、介護用品では需要率が一番ではないかと思われます。介護する職員が朝から晩まで、高齢者、特に寝たきりの高齢者であれば、1日24時間で大凡5回から6回は交換する訳です。それも365日間ですから、かなりの消耗率となります。しかも、その排泄の状態と言うと、必ずしも誰しも同じではないのです。その時、その時の体の状態で様々ですから、オムツの類にもいろいろとございます。オムツにテープがついていて両サイドから前後を合わせて貼るタイプ、しかも、身体の大きさに合わせて、サイズもあるのです。

衛生材料品はご家庭用から業務用までご用意しています。介護される側もする側もより快適に過ごすための介護用品がここにきっとあります。本州地区525円、北海道・九州・四国地方840円、沖縄本島1,260円(税込価格)はじめて介護をする方も安心の商品選びサポート。無料の会員登録で値引きに使えるポイントをプレゼント。病院、介護施設様へは、配送コストを削減しメーカーから直送します。介護用品ならこちら