妊娠中には体が子供を育てるためにさまざまに変化していきます。そのために妊娠前にはちょうどいいと感じていたものがちょうどよいものではなくなってしまいます。そのためにマタニティ用の洋服や下着を選ぶ必要があります。特に下着は肌に直接触れるものでそれまで何気なく選んでいたものが合わなくなってしまうことが多いです。肌に優しく身体にフィットするように作られているマタニティ専用のインナーを着用するようにするといいです。一見するとマタニティインナーは大きめのサイズの下着のように勘違いされますが、マタニティ用のインナーには体型を美しく見せる機能が備わっているものもありますが、妊娠中の身体を優しく包み赤ちゃんをも優しく包んであげる機能が備えられており、妊娠中の身体には最適な作りとなっています。素材や縫製の方法も妊娠中の身体にやさしいものとなっていますのでマタニティインナーを着用するようにしましょう。


ではいつごろからマタニティ用に切り替えていけばいいのでしょうか。妊娠してお腹が目立ちはじめる時期は個人個人によってバラバラで早いうちからお腹が目立ちはじめる人もいれば、お腹があまり目立たないという人もいます。ですから人それぞれ状況に応じて切り替えのタイミングを図る必要がありますが、一般的には妊娠4か月目に入ったころから普通の下着ではなくマタニティインナーを着用するようにするといいです。妊娠初期でお腹が目立たない時期であっても人によってはつわりなどのトラブルに悩まされることがあります。下着による締め付けがつわりを悪化させてしまうこともありますので、締め付けのきつくない専用のインナーに切り替えるようにするほうがいいでしょう。つらいつわりを軽くし乗り越えることができるようになります。また最初にも述べましたが妊娠すると肌が敏感になりそれまで使用していた素材でも不快感を感じたり、かゆみが発生することもあります。これは下着が肌に刺激を与えているからで時には湿疹などの症状があらわれることもあります。今まで使っていた下着でかゆみなどが発生した場合には専用の下着に切り替えるタイミングでしょう。妊娠期をサポートする下着と言っても妊娠期だけでなく出産期から授乳期にかけても長く使用することができます。


早め早めに取り入れて下着の使用の仕方に慣れておくというのも一つの手になります。専用の下着を手に入れて妊娠期を快適に過ごしましょう。