妊娠中に選ぶマタニティ服

妊娠中に選ぶマタニティ服

妊娠した女性は、どんどん体型が変わってきます。妊娠初期の場合は普段着用している服でカバーできる場合もありますが、それでも二人目、三人目の妊娠となると、お腹が出てくる時期が早まってくる場合もあります。実際、私は現在三人目の子どもを妊娠しており、まだ妊娠初期なのですが、既に今まで履いていたジーンズはボタンをあけていないと座った時にお腹が苦しいです。このようにめまぐるしく体型の変わる妊婦にとって、マタニティ服はとても重宝するものであります。そういった服専門に取り扱いしている通販のファッション雑誌もありますし、子ども用品を扱っているお店などでは、ほとんどの店舗で一緒にマタニティ服を陳列してあります。インターネットで検索すれば、やはり特化された通販サイトもたくさん存在するので、家にいながらにして自分好みの服を選ぶことができ、普段のように精力的に動くことのできない妊婦にとっては本当に便利な時代になりました。

マタニティの服を買う点で、まず絶対にはずせないのはアンダーウェアです。一番体型が変わるのが、下半身です。おしりも大きくなりますし、何よりお腹が一番大きくなるので、普段使いのズボンはまったく履けなくなってしまいます。そのため、マタニティ用のズボンというものはお腹の部分が伸縮する生地が使われています。上からトップスを着た時にはマタニティ用の服とはわからないようなデザインのものが、最近ではたくさんあります。私はマタニティのジーンズを2着持っていますが、大変重宝しています。1着は普通にくるぶしまであるサイズで、もう1着はひざ丈のサイズです。冬はくるぶしまであるものを重宝するのですが、妊婦にとっての夏は普段以上に厚さを感じる時期なので、少しでも暑さをしのげるものをと思い購入しました。結果的には本当にいい買い物をしたと思っています。次に下着です。これもサイズが普段使いの物ではカバーすることができなくなってきます。サイズ部分に使用するのに最適な妊娠時期が明記されている下着も多いので、それを参考に選ぶと便利です。最後に、トップスです。これはある程度、市販の服でもカバーすることができますが、その点で注意するのはデザインです。

ふんわりとした、体を締め付けないデザインの物を選ぶことが重要です。妊娠していない時のサイズよりも少しだけ大き目のサイズを選んだ方が、アンダーウェアとのバランスが取れます。妊娠中でも、少しでも自然でおしゃれなマタニティ服を着て、楽しい妊娠生活を送りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*