お腹に新しいのちが宿ったとき、女性は一番美しいといいます。大きなお腹も幸せのシンボルです。しかし毎日鏡の前でコーディネイトを楽しみ、スマートな着こなしをしていた女性もプレママになると残念ながら今までのようにはいきません。スリムなパンツは大変格好がいい代わりに体にぴったりします。そういった服を妊娠中に着るとお腹を刺激して不要な張りをもたらす場合があります。それに窮屈で動きが制限されてしまいバランスを崩しやすくなるかもしれません。マタニティウエアは太って見える、格好悪い、みんなが同じような服になる、といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかしマタニティウエアのここ数年の進歩は目覚しいものがあります。まず一番気になるボトムは、お腹の周りにだけ伸縮性のある生地を使い、またウエストにアジャスターをつけてサイズを調節できるようにし、妊娠中期から後期まで履くことができるものがあります。


お腹だけ柔らかい布であとは普通のすっきりしたデザインですのでマタニティに見えない綺麗な着こなしを楽しむことができます。兄弟児がいるプレママは家でじっとさせてもらえるわけではありません、どうしても活動的な服装を選ばねばならないときなどにこういったボトムは便利なアイテムです。またトップスもウエストを調節できるようなリボンをつけることによって、大きくなるお腹に合わせて柔軟に対応できるものもあります。アウターはシャーリングにすることによって変化する体に沿うような工夫もあります。機能も多様化しており産後の授乳にも使えるような胸元が大きく開いたもの、スリットが入ったものなど授乳服としても使え、長く着ていただくことができます。そしてワーキングママが増えているこの頃ですので、オフィスでも着やすいストレッチ性のあるシャツ、ジャケットなどが登場しています。働くお母さんには嬉しいことですね。また産後なかなか体型が元に戻らない場合もあります。無理してきつい洋服を着ると肌に余計な刺激が加わって色素沈着しやすくなったりします。出産後お見舞いに来る方にも対応しやすい授乳口のあるマタニティの部屋着を持っておくと本当に便利です。


妊娠中は変化する体に戸惑ったり、体調も思うように行かないこともあったり、期待や喜びだけではない場合があります。そんなときは妊婦さんに見えないマタニティウエアを着て出かけませんか。妊娠中だってオシャレを楽しみましょう、そして生き生きした笑顔で過ごしたいですね。